FC2ブログ
IMG src="http://www.smbook.com/banner/smbook2.gif" alt="検索 SM BOOK" width="468" height="60" border="0">
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

元カノとの思い出(完)


彼女の言葉や態度には

別れを告げたい
別れを告げられたい

その思案が彼女から
ヒシヒシと感じてきました。

その終着点が間近だと
認知した僕は彼女に我儘を言いました

新しい彼氏が出来たのならば
僕の目の前で見せて欲しい!

「新しい彼氏なんて居ないから」

即座に却下されました
それならばとスナックの
お客さんでも良いから見せて欲しい

「なら運転手してよ」

意味が分からないでいると

「あんたが運転してる間
後ろでセックスをしてあげる」

惨めにしてください。
「馬鹿じゃないの…」

その翌週に
自分の車を運転し2人を迎えに行きました

二人はもう飲んできているのか
顔を赤らめた彼女と40代くらいの男性

後部座席で手を繋ぎ僕が否定されたキスを
音を立てて幾度も繰り返しました。

男性から声を掛けられました
「彼女から話を聞いたけど本当に良いんだな?」

お願いします。。

後部座席から聞こえる生々しいセックス音
二人の息が荒々しくこだましてきます

20分程車を走らせていると
男性が「いく!!」との声で
激しいセックス音が途絶えました

後部座席から
「なんで中で出すの!!」
と彼女の怒りの声が鳴り響き

思わず僕に舐めて掃除させてくださいと
お願いすると、お前に舐められたくない

そう言うとティッシュで掃除していました

その掃除したティッシュは
車の中のゴミ箱に捨てられ

お二人を見送った後に
ゴミ箱からティッシュを取り出し

臭いを嗅ぎ口にティッシュを含み味を堪能し
セックス時に勃起もしない惨めなチンポを
弄り一度も彼女の中に出した事の
無い不要な精子を搾り出しました

その翌日に彼女から正式な
別れを告白され彼女とは終わりました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

まぞのまぞ

Author:まぞのまぞ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
寝取られマゾの人々
ようこそ
FC2掲示板
SMサイトの検索はこちら!
検索 SM BOOK
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。